検索

古澤巌の気まぐれ通信20191223

大阪シンフォニーの音は今回初めてコントロール出来た。ストラドを鳴らせたのも、右肩の使い方+バロック弓の効果がこれ程とは。まだまだ知らない事ばかり。名古屋も観音寺も鳴るホールだけに、新たな課題も頂き。こちらの「音」をやっと基準にすることが出来る。今日もストラドを返却後、別の公演で自分のバイオリンを弾いて。2週間もストラドの音を浴びて、全く不思議な感覚。そして明日は大阪TFC55。24日は正月2日の番組収録。25日は静岡TFC。昨日、山形東根でラストを迎えたベルリン・ヴィルティオージ。その朝ベースのパヤックのお父さんが急逝し哀しみの中行われた。泣きベソかきながら演奏するパヤック。パヤックは最年少で、最高のベーシスト。イグナツと同じポーランド人。自分が初めて行った国がポーランドだった。81年ワレサ委員長時代、店頭の棚には、何も無かった。ドイツにロシアに侵略され。ショパンやウィニアフスキを生んだ国

526回の閲覧